Google
オフコン練習帳内を検索
インターネット全体を検索

NECオフコン関連
オフコン一般
情報

トップ  >  データの表現形式

データの表現形式


A−VX COBOL85(というかNECのCOBOL)は、普通のCOBOLと違うところが幾つかありますが、COMPUTATIONAL系もその1つです。
例えばIBMや富士通、日立やマイクロフォーカス(つまり多数派)のCOBOLだとCOMPUTATIONALは2進数項目ですが、A−VX COBOL85は外部10進数項目となります。

A-VXの場合のデータ表現形式
USAGE IS DISPLAY文字列、外部10進数
USAGE IS COMPUTATIONAL外部10進数
USAGE IS COMPUTATIONAL-1単精度固定2進数
USAGE IS COMPUTATIONAL-2倍精度固定2進数
USAGE IS COMPUTATIONAL-3内部10進数
USAGE IS PACKED-DECIMAL内部10進数
USAGE IS INDEX指標データ項目

COMP系については、世間一般のものと違うので、当然長さ(バイト数)も異なります。世間にはレコード長を計算してくれるソフトがありますが、A−VXのCOBOL用に対応していないものは計算結果が間違ってしまっています。

COMPUTATIONAL-4やCOMPUTATIONAL-5、BINARY、POINTER、BIT、NATIONALなどはA−VX COBOL85にはありません。

USAGE IS DISPLAYは省略できるので、文字列や外部10進数のときはあまり書かないようです。
下のように書いてある時は、SP02は外部10進数です。

000110 01  SP01    PIC X(30).                                          
000120 01  SP02    PIC 9(04).                                          
000130 01  SP03.                                                       
000140     05  SP03-1   PIC X(10).                                     
000150     05  SP03-2   PIC X(02).                                     
000160     05  SP03-3   PIC X(10).  




戻る
戻る