Google
オフコン練習帳内を検索
インターネット全体を検索

NECオフコン関連
オフコン一般
情報

トップ  >  置換パラメータの取得マクロを使う

置換パラメータの取得マクロを使う


置換パラメータの取得マクロ、置換パラメータの設定マクロという2つのシステムサブルーチンがあります。
ここでは置換パラメータの取得マクロを使ったサンプルプログラムを紹介します。

A−VXの置換パラメータとは、コマンドライン引数のようなものです。プログラム起動時にプログラムに値を渡すことができます。
置換パラメータの詳細な説明は、ジョブ制御言語の説明を見てください。

置換パラメータの取得マクロの概要を説明書から下に抜き出します。
詳細は「COBOL85システムサブルーチン説明書」を参照してください。

機能
RUNコマンドで指定された置換パラメータを取得します。

一般形式
CALL "SYSSPGET" USING データ名1 データ名2 データ名3  データ名4  

データ名1:置換パラメータ
1桁以上17桁以下の英数字項目

データ名2:桁数
・4桁の符号なし整数項目です。データ名1に設定する桁数を指定。

データ名3:パラメータ番号
2桁の英数字項目。
取得したい置換パラメータの番号“&n”(n=0〜9)を指定

データ名4:実行結果 CALL命令の結果が返る。値の説明は省略。

サンプルプログラム4

置換パラメータの取得マクロを使ってRUNコマンドから置換パラメータを取得し、その内容を表示します。

000010***********************************************************       
000020*    サンプルプログラム4                              **       
000030*        置換パラメータの取得マクロ                      **       
000040***********************************************************       
000050 IDENTIFICATION   DIVISION.                                       
000060 PROGRAM-ID.    SAM004.                                           
000070 ENVIRONMENT      DIVISION.                                       
000080 DATA             DIVISION.                                       
000090 WORKING-STORAGE  SECTION.                                        
000100*置換パラメータのデータ                                           
000110 01  CHPAR1       PIC X(17).                                      
000120 01  CHPAR2       PIC 9(04).                                      
000130 01  CHPAR3       PIC X(02).                                      
000140 01  CHPAR4       PIC X(02).                                      
000150 PROCEDURE        DIVISION.                                       
000160 MPRG.                                                            
000170     INITIALIZE CHPAR1 CHPAR2 CHPAR3 CHPAR4.                      
000180     MOVE 17 TO CHPAR2                                            
000190     MOVE "&0" TO CHPAR3.                                         
000200     CALL "SYSSPGET" USING CHPAR1 CHPAR2 CHPAR3 CHPAR4.           
000210     IF CHPAR4 NOT = "00"                                         
000220          DISPLAY "ERROR : " CHPAR4                               
000230          GO TO MPRG-E                                            
000240     END-IF.                                                      
000250     DISPLAY CHPAR1.                                              
000260 MPRG-E.                                                          
000270     STOP "SA004 END".                                            

サンプルプログラムを実行してみた結果。

置換パラメータを指定せずにサンプルプログラムを実行してみたところ。


プログラムを実行する時に置換パラメータを指定してみます。
下の例では、置換パラメータを「HELLO A-VX WORLD」としています。
ちなみにサンプルプログラムでは17文字しか受け付けません。今回は単に表示するだけなので17文字固定にしていますが、実際に実用的なプログラムを作るならば桁数もきちんと設定してあげる必要があります。


置換パラメータで指定した文が表示されました。





戻る
戻る