Google
オフコン練習帳内を検索
インターネット全体を検索

NECオフコン関連
オフコン一般
情報

トップ  >  オフコンの昔のカタログ

オフコンの昔のカタログ


オービック

OFFICE80 OFFICELAND OFFICE80 OFFICELAND
OFFICE80
1982年頃のカタログ
当時オービックは三菱電機のオフコンのトップディーラーでした。
搭載しているソフトウェアはオービック製で、業種別・業務別汎用アプリケーション群FLEX−LIBRARYやFIPS−1などがありました。


カタログ提供:STさん




ミロク経理

MIROKU SP MIROKU SP
MIROKU SuperPowerXX、X−I、X−II
1984年頃のカタログ。
1980年代前半の普及型・小型オフコン分野の雄・ミロク経理のオフコン。 ミロクスーパーパワーは、1984年3月1日発売で、自社で製造設備を持たないミロク経理がアルプス電気に開発させたものです。
特にダブルエックスは、表紙の下の写真を見て分かるように、14インチグリーンディスプレイが2台付いていて、2つの業務を並行してできるというなんともものすごいオフコンでした。


カタログ提供:STさん




バロース株式会社

OFFICESYSTEM90 OFFICESYSTEM90 OFFICESYSTEM90
オフィスシステム90
1984年頃のカタログ。全16ページ。
B90シリーズの84年版であるB96オフィスマネージャーのカタログ。コンピュータ本体であるB96オフィスマネージャーに各種入出力装置や業務ソフトを載せて、それらを統合したシステムがオフィスシステム90と呼ばれるらしい。


カタログ提供:STさん




キヤノン

canonac表紙 canonac100
キヤノナックシリーズ
1976年頃のカタログ。全6ページ。
カタログには3機種掲載されていますが、その中で一番小型のCANONAC100のページを紹介。







カシオ

sigma表紙 sigmaシリーズカタログ sigma5
シグマシリーズ 漢字ミニオフコンΣ−8
1976年5月末のカシオのオフコン、ビリングマシンや端末機のカタログ。
全3ページ。



1981年10月発売なので、まさにフェアの目玉商品のオフコンΣ−8。300万円台という安価な値段でありながら漢字が使えるオフコンということで 評判になった。




日本IBM

IBMSYSTEM36SX IBMSYSTEM36SX
IBMシステム/36SX
全6ページ。


カタログ提供:STさん




中央電子株式会社(CEC)

CEC EDP SYSTEM CEC EDP SYSTEM300 WHITE-10 CEC CK-50 SYSTEM CEC CK-50 SYSTEM
CEC EDPシステム シリーズ WHITE−10 CEC CK−50 EDPシステム
1976年頃のCECオフコン総合カタログ。全12ページ。



1976年頃のカタログ。全6ページ。



1976年頃。全8ページ。







日本信号株式会社

PASCA/NISCO表紙 PASCA/NISCOシリーズカタログ NISCO2000 NISCO2000 PASCA500wm
PASCA/NISCOシリーズ ニスコ2000 PASCA500WM
1976年頃の日本信号のオフコンとミニコンのカタログ。全4ページ。



1976年頃。全8ページ。
ミニミニコンピュータと称しているがミニコン用途やオフコン用途として販売。



1976年頃。全8ページ。
多機能端末とかビリングマシンやターミナルコンピュータとか言われた中間形態のモデル。

PASCA2600 PASCA2600
PASCA2600
1976年頃。全8ページ。
中身は他のカタログと似た感じなので、あえてオフコンが出ていないページを紹介。コンピュータのセールストークは昔も今も同じ。






日本無線株式会社

JAC110K JAC110K スペック JAC120 JRC電子計算機JAC JAC-322A型 JAC-322A型 JAC-322A型
JAC110K JAC120 JAC−322A型
1971年6月発行のJRCのコンピュータJAC110Kカタログ。全8ページ。
超小型事務用。トランジスタ、ダイオード、IC多数で構成されているようです。
JAC−300シリーズの後継

1971年9月発行。全4ページ。
超小型から中型迄をカバーするコンピュータ。


1970年10月発行。全10ページ。
JRCの最上位機種。JAC−322型に紙テープ入出力装置を付けるとJAC−322A型になるらしい。
このカタログでは記憶容量最大1,000語となっていますが、1971年発行のJAC110Kのカタログを見ると1971年にはJAC−322型は4,000語にまで拡張できるように強化されているようです。






戻る
戻る