Google
オフコン練習帳内を検索
インターネット全体を検索

NECオフコン関連
オフコン一般
情報

トップ  >  DEVLOPを実行してみる

DEVLOPを実行してみる


早速開発支援プログラム「DEVLOP」を実行してみます。
RUNコマンド行で「DEVLOP,DEV=MSDxxx,FIL=xxx;」(xxxのところは適切な文字で。)と入力して、ENTERキーを押します。
DEVLOPをMSD000のSYS@LMLに入れていたら、「DEVLOP;」と入力してENTERキーを押します。

無事、DEVLOPの実行に成功すると下のような画面になります。


下側にコマンドが入力できます。
試しにMSD002のTESTAPSULに入っているDEVLOPのソースプログラムを読み込んでみましょう。
たぶん実行直後で何も触っていない状態なら右下のMODEのところが「編集」になっているはずです。もしなっていなければ、[PF1]キーを押して「編集」にします。
そして「DEVLOP TESTAPSUL MSD002」と入力してENTERキーを押します。もし先ほどダウンロードしたフロッピーディスクのイメージの中に入っているソースを読むのなら、「DEVLOP SYS@SUL FDU000」となります。


テキストエディタが起動し、自動的にDEVLOPのソースが読み込まれました。
(もしここで罫線しか出ていない画面になったらちょっとしたミスなので、いったんプログラム放棄して、もう一度開発支援プログラム「DEVLOP」を実行するところから始めましょう。)


テキストエディタを終了すると元の画面に戻ります。
ただし、画面に前回入力したときの履歴が残ります。(ここがこのプログラムのミソ)


この履歴の残った行で[I]キーを押すと、履歴のソースの入っているライブラリのディレクトリを表示します。
[RESET]キー([ESC]キー)で、元の画面に戻ります。


さらに履歴の行で実行キーを押すと、自動的に履歴に残っているソースのコンパイル・リンクを行います。


いろいろと実行していくと履歴が溜まっていきます。
後は矢印キーの上下で履歴を選び、モードを変更してENTERキーを押したり、実行キーを押したり、[I]キーや[II]キーを押したりすると、対応する機能が実行されて、ソースの編集ができるようになったり、ディレクトリ一覧を表示したり、コンパイルできたり、ライブラリ間でソースをコピーできたりできます。


開発支援プログラム「DEVLOP」を終了するときは、[PF9]キーを押します。

使えるコマンドは下のようです。
●コマンド行
 ソース名 ライブラリ名 装置名
●キー
 エンターキー モードに対応する機能を実行
 実行キー   コンパイルを実施
 Iキー    ディレクトリを表示
 IIキー   処理を実行
 PF1    編集モードに切替
 PF2    翻訳モードに切替
 PF3    一覧表モードに切替
 PF4    実行モードに切替
 PF5    他のライブラリに追加
 PF6    他のライブラリを変更
 PF7    メンバー順にソート
 PF8    ライブラリー順にソート
 PF9    開発支援プログラム終了
 PF15   他の端末の履歴を呼出し
 PF16   RDBQ2を非実行モードで呼出し