Google
オフコン練習帳内を検索
インターネット全体を検索

NECオフコン関連
オフコン一般
情報

トップ  >  A−VXの性能を見てみる

A−VX4のパフォーマンス調査

性能を見てみる

A−VX10やA−VXIIでは、#PFMというツールを使用して、パフォーマンスを調査していました。
A−VXIIIやA−VXIVやA−VX01やA−VX02は、Windowsのパフォーマンスモニタ/システムモニタやパフォーマンスログを使用します。
でも、いきなりそれらのツールを使うのは大変なので、最初はタスクマネージャを使って調査してみます。
標準のWindowsのものなので、わざわざ説明するまでもないと思いますが。



・パフォーマンス
上のグラフ部分
CPU使用率 CPUの使用率。サーバのCPUが複数ある場合は、「CPU使用率の履歴」のグラフがCPU数分表示されます。
上の例では、2枚のCPUを搭載している(Express5800/670Ai)ので、2つグラフが表示されています。 2枚目に比べて、1枚目のCPU使用率が高い傾向にあります。でも今は急に使用率が下がって1%になっています。 (実は動かしていたテストプログラムを停止させました。)
メモリ使用量 コミットチャージの合計と同じ
合計
ハンドル 使用中のハンドルの数。何もしていないのに、この値がだんだん増えている時は、メモリリークの可能性があります。
スレッド 使用中のスレッドの数。
プロセス 使用中のプロセスの数。
物理メモリ(KB)
合計 物理メモリサイズ。
利用可能 物理メモリのうち、現在使用されていないサイズ
システムキャッシュ システムキャッシュに使用されている物理メモリサイズ
コミットチャージ(KB)
合計 現在使用されている物理メモリと仮想メモリの合計サイズ。この値がだんだん増えている時は、メモリリークの可能性があります。
制限値 利用可能な物理メモリと仮想メモリの合計サイズ。たぶん、
(「物理メモリ(KB)」の「物理メモリサイズ」)+(「システムのプロパティ」のところにある「ページングファイルサイズ」)
がこの値になるはず。
最大値 電源を入れてから使用された(物理メモリ+仮想メモリ)の最大値。
カーネルメモリ(KB)
合計 現在カーネルによって使用されているメモリサイズ。たぶん、
「ページ」+「非ページ」
がこの値になる。
ページ カーネルによって使用されているメモリのうち、ページアウトしたりページインしたりできる部分のサイズ。
非ページ カーネルによって使用されているメモリのうち、ページアウトしたりページインしたりできない部分のサイズ。