Google
オフコン練習帳内を検索
インターネット全体を検索

NECオフコン関連
オフコン一般
情報

トップ  >  ログと自動通報遠隔監視

4.WindowsのイベントログとA−VXのメッセージ

(1)WindowsのイベントログとA−VXのメッセージ

A−VXシステムは、以下の場合にイベントログにメッセージを出力するようです。

  1. メッセージ記録情報がメッセージログに出力されたタイミングで、メッセージログに出力されたものと同じ情報がイベントログにも出る
  2. 「サーバが立ち上がった」とか「障害が発生した」といったようなA−VXシステムが出す(なぜかメッセージログ側には出さない)情報
  3. ハードウェア情報

1番目のメッセージ記録情報について、いろいろと説明します。


(2)メッセージ記録情報とイベントログの関係

下のように、アプリケーションがメッセージを出力するとメッセージログとイベントログにメッセージが出力されます。

COBOLアプリケーションが、メッセージファイルに登録してあるメッセージを表示すると・・


メッセージログに同じメッセージが出力される。


同じ内容のメッセージが、Windowsのイベントログ(アプリケーションログ)にも出力される。



メッセージファイルに登録した時に設定したDISPATCH LEVELとCENTER LEVELによって、イベントログに出力したときのメッセージの種類とイベントIDが変わります。

イベントログメッセージログ
イベントID種類DISPATCH LEVELCENTER LEVEL
1エラー0保守センタ&センタシステム
2エラー1保守センタ&センタシステム
3エラー2保守センタ&センタシステム
4エラー3保守センタ&センタシステム
1エラー0保守センタ
2エラー1保守センタ
3エラー2保守センタ
4エラー3保守センタ
5エラー0センタシステム
6エラー1センタシステム
7エラー2センタシステム
8エラー3センタシステム
9警告4
9警告5
9警告6
9警告7


下のメッセージはDISPATCH LEVELを7にしました。イベントIDが9、種類が警告になっているのがわかります。



DISPATCH LEVELを1、CENTER LEVELを0.保守センタにしました。イベントIDが2、種類がエラーになっているのがわかります。



イベントログの種類は、ESMPRO方式の自動通報遠隔監視機能で重要になります。(後述)


(3)その他のメッセージ

メッセージログの内容以外にも、イベントログにはいろいろなメッセージが出力されます。
例えば以下のようなメッセージが出ます。これはA−VXシステムが正常に起動されると必ずイベントログに出力されます。



イベントIDが8、種類はエラーとなっています。これらのメッセージもメッセージログで説明した表の通りとなっているのがわかります。

上の画面を見てあれっと思う人もいるかもしれません。正常に起動して「通常運用に入りました」なのに、種類がエラーになっています。(後述)