Google
オフコン練習帳内を検索
インターネット全体を検索

NECオフコン関連
オフコン一般
情報

トップ  >  #ABC

複数索引順編成ファイル(データファイル)の再編成

再編成例

例としてライブラリファイルを再編成してみます。

再編成する複数索引順編成ファイル
ファイル名TESTDATA
装置名MSD003


RUNコマンド入力行で、「#ABC;」と入力して「ENTERキー」を押します。


簡易操作ユーティリティ#ABCが起動されました。


「8.再編成」を選択します。



「1.ファイル」を選択します。



ファイル再編成画面になります。




ファイル名を入力します。今回の例では「TESTDATA」と入力します。



装置名を入力したいので、「入力ファイル用オプション」はYESにします。
装置名には「MSD003」と入力します。



この後にいくつかオプションの選択がありますが、たいていの場合は「NO」でOKです。
がここでは念のため「YES」にして選択できるものを確認してみます。



作業用ファイル用オプションです。
作業用ファイルを指定します。今回は一時作業ファイル(TEMPORARY)を使用することにします。
(もし再編成用の一時作業ファイルが用意されているのならば、その装置名とファイル名を入力することになります。



オプション機能オプションです。
今回の例では全部「NO」にします。



ここまで入力すると「再編成」が開始されます。
システムメッセージ行に「ファイル更新中です」というメッセージが表示されます。中断はできません。



再編成処理が終了すると最初の画面に戻るので、これで終わりならば「99」を選択します。