Google
オフコン練習帳内を検索
インターネット全体を検索

NECオフコン関連
オフコン一般
情報

トップ  >  #LBM

メンバの一覧表示

ライブラリ保守ユーティリティ(#LBM)を使用して、ライブラリ内でメンバの一覧を表示することができます。
ここでは、例としてハードディスク(MSD001)にあるライブラリファイル(TESTAPLML)の中に入っているメンバの一覧表示を行います。

まず#LBMを起動します。
RUNコマンド入力行で「#LBM;」と入力し、「ENTERキー」を押します。


適当にプリンタを指定します。今回は画面に表示するので、実際にはプリンタに出力しません。しかし何故かプリンタを指定するようになっています。
何でも良いので、何も入力せずに「ENTERキー」を押します。そうするとたぶん「PRN999」となるはずです。


一覧表示したいライブラリのある装置の装置名を入力します。
今回は「MSD001」と入力します。


一覧表示したいライブラリの名前を入力します。
今回は「TESTAPLML」と入力します。


どのような操作をしたいかを入力します。


今回は画面上に一覧表示を行いたいので、「5.DISPLAY」を選択します。


ライブラリの中のメンバの一覧が画面上に表示されます。
1画面中に表示しきれない場合は、複数の画面で リセットキー(PCのキーボードだと「ESCキー」)を押すと、次の画面に移動します。