Google
オフコン練習帳内を検索
インターネット全体を検索

NECオフコン関連
オフコン一般
情報

NECのオフコン情報掲示板(ノウハウ系)

NECのオフコンを活用するためのノウハウを話し合うための掲示板です。

1: #BKUPでusbに直接出力できますか?(3)   2: A−VXのプリンタ設定方法が分かりません(2)   3: OSのCDについて(4)   4: 初期プログラムに関する質問(4)   5: ボリュームMAPにあるが、#ABCだとファイルがみつからない(2)   6: SYS@DDFの復旧(2)   7: スプールデータの取り出し方法についての質問(10)   8: SG処理にて、PAGW実行中にエラーが発生しました(9)   9: ソースライブラリの一括検索(9)   10: 帳表をPDF印刷する方法(PRINTVEWを使わず)はありますか(2)   11: SKYLINKでテーブルを検索するとエラーとなる(1)   12: オフコン(3)   13: 管理人さんへの質問です(3)   14: #LTEDITでフォームのソースを指定するとメンバーが見つからないと表示される(4)   15: UPS無しの構成へのシステム移行(12)   16: #NFCNV でパソコンへ転送すると、データの先頭に空白がついてしまう(3)   17: CBL85資産をOPENcobolに移行する(3)   18: COBOLソースから仕様書の鏡作成ツール(3)   19: PrintBridgeの使い方(8)   20: WSエミュレータをWindows7Pro32bitSP1PCにインストール出来なくなった(1)   21: 漢字とANKの縮小印字について(3)   22: #NFCNVで先頭のカラムが0になるのは?(2)   23: N7884-14Bと互換性があるプリンタについて(2)   24: 表示(印刷)を任意の順番にしたいのですが・・・(6)   25: JSまたはPMのコールが間違っています(3)   26: ページプリンターのSG方法(2)   27: SMARTの画面明細項目が終われない(8)   28: AVXでの外字(槇)について(6)   29: レーザープリンタ印刷時に明朝、ゴシックを混ぜて印刷出来ますか?(2)   30: WINDOOWアプリからエミュレータを呼び出してFTCNVを起動するとエラーとなる(2)  

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 
« 1 ... 76 77 78 (79) 80 81 82 83 »

1 旧家イトウ家の小技裏技(その16)
江須扇 2004-2-12 3:39:18  [返信] [編集]

-------------------------------------------------------------------------------------------

その16)PC/WSエミュレータのinITPの自動起動とタスクタスクバーから隠す

-------------------------------------------------------------------------------------------

(1)inITPの自動起動

PC/WS−EMLがCD化されてから、inITPは同梱されるようになりました。

そのバージョンからのデフォルトのインストール先フォルダーが

INITPからWS−EMLに変わりました。

そのデフォルトのままインストールするとPC/WS−EMLを立ち上げるとinITPが起動し終了すると自動的に終了します。

これは皆さんご存知と思います。次に



(2)inITP−Cをタスクトレイに入れる

同じくWS−EMLのフォルダーの中にinitpsgという拡張子

なしのファイルがあります。

以下その内容ですがNOTEPAD等でTASKTRAYをONにしまとタスクトレイに入りタスクバーがすっきりします。

---------------------------------------------------------------

WS :01 #自局WS番号を10進数で指定します

IP :133 209 25 182 #接続先IPアドレス4弔0進数で,スペースざ萓擇辰道慊蠅靴泙

PORT :0x4000 #接続先PORT番号を指定します

TASKTRAY :ON #タスクトレイに 入れる:ON,入れない:OFF を指定します

---------------------------------------------------------------



私は最近この機能を知って一人悦に入っております。

確認バージョンVer11.0(U75830−P903)

2 Re: 旧家イトウ家の小技裏技(その16)
ターラヤン 2004-2-12 16:43:40  [返信] [編集]

情報ありがとうございます。

書いてある通りの操作で、タスクトレイに入りました。



タスクバーにあると、初心者の人はうっかり消してしまったりすることがあるので、便利かもしれません。



ただ、説明書に書いていない隠しの機能のように見えるので、十分検討して自己責任で使うということでしょうね。



3 Re: 旧家イトウ家の小技裏技(その16)
EXCHANGE 2004-2-13 1:32:22  [返信] [編集]

* 試してみました!! 確かにこれは便利な機能だと思います。



* ただし、InitpがWS−EMLフォルダ直下に初期セットされるようになったのはCD?ROM化された時点からではなく、

最近のバージョンからです。

正確なことは知りませんが、少なくともP603あたりはInitpとWS−EMLが別フォルダになっています。



* この別フォルダバージョンでは、Initpsgの中の初期状態にTASKTORAYパラメータ自体が記述されていません。

また、このパラメータを追加してもトレイアイコン化は出来ないようです。



* なお、Initpsgの役割について、一つよく分からなかったのは、Initpsg上のサーバIPアドレスの記述などは初期記述から特に変更しなくても(エミュレータソフト上での実際のサーバアドレス設定と、くい違っていても)エミュレータやInitpの起動、動作に何の影響もなかったことです。



 ちなみに、一台のPCのWSエミュレータから複数のサーバに接続する環境の場合、Initpsg上のサーバアドレスに関係なしに、どのサーバへ接続してもトレイアイコン化できました。

4 Re: 旧家イトウ家の小技裏技(その16)
江須扇 2004-2-17 3:46:50  [返信] [編集]

> * 試してみました!! 確かにこれは便利な機能だと思います。



タイトル通りやはりこれは皆さんもしらない裏技のようですね。



> * ただし、InitpがWS−EMLフォルダ直下に初期セットされるようになったのはCD−ROM化された時点からではなく、

> 最近のバージョンからです。



すいません、アバウトSEなので、記憶で書いてしまいました。

(マニュアル等の記録を見ておりません。)



> 正確なことは知りませんが、少なくともP603あたりはInitpとWS−EMLが別フォルダになっています。

>



これも記憶ですが、多分、最初のCD−ROM版はまだFD版が併売されていて単にCDに焼いたというもので、確かにデフォルトが別フォルダーのINITPままになっていたかもしれません。



> * なお、Initpsgの役割について、一つよく分からなかったのは、Initpsg上のサーバIPアドレスの記述などは初期記述から特に変更しなくても(エミュレータソフト上での実際のサーバアドレス設定と、くい違っていても)エミュレータやInitpの起動、動作に何の影響もなかったことです。



INITPの歴史から話さなければならないかもしれませんが、(全て記憶です)

S7200シリーズ(S3100の5シリーズも多分含みます)

当初のB4680(LAN回線)WSエミュレータはDOS版でPC−9800シリーズ専用版でした。

そしてそのプロトコルとして専用WSと同じITPでした。

当初から計画していたのかTCP/IP対応版もすぐに出たと思います。(B4680(?)とハードは同じですがイーサネットとなります)

同一LAN上に二つのプロトコルが流れました。

その時開発上PC/WS−EMLは一つでITPの通信部分とINITPの通信部分を受け持つ通信部分は別売されました。

ITPも専用WSはWS番号などをハードで設定できるのですが、PCはできないのでITPSGというものが出来そこにWS番号とMACアドレスと登録できるようにしてありました。

INITPはやはりIPアドレスとPORT番号が登録できました。

DOS版はそこに登録しないと起動しなかったと思います。

次にTCP/IPだけのWindowsの16ビット版がでてINITPSGは当初はDOS版と同じように利用していたと思います。

やがてDOS版がなくなり、16ビット版も機能アップがなくなってからは、通信部分を分けておく意味がなくなりました。

それてライセンスの関係もありCD一本化したと思います。

日本語フォントの問題もありフォントアベニューと旧機能を使えるよに16ビット版を同梱していると思います。



>  ちなみに、一台のPCのWSエミュレータから複数のサーバに接続する環境の場合、Initpsg上のサーバアドレスに関係なしに、どのサーバへ接続してもトレイアイコン化できました。

>



アイコンはNECの汎用機、ACOSの端末ETOS52GXのネットワークマネージャがアイコン化するのでそれにして欲しいという要望がどこかからあったのでテスト的にしているのではと想像します。

5 inITP−Cをタスクトレイに入れる(旧家イトウ家の小技裏技(その16))
江須扇 2005-9-29 10:00:00  [返信] [編集]

旧家イトウ家の小技裏技(その16)で

inITP−Cをタスクトレイに入れる方法を説明しましたが、

最近気がつきこちらが正式な方法だと思います。

inITP−Cを起動するとプルダウンメニューバーがあり

そのなかの設定(S)を選ぶと環境設定(E)が出てきます

それを選ぶと「アイコンをトレイの入れるのチェックボタンがあるので

それにチェックを入れるとトレイに入るようになります。
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 WinNT 4.0に「2004年うるう年問題」があるようです
ターラヤン 2004-2-3 13:59:09  [返信] [編集]

WindowsNT 4.0に「2004年うるう年問題」があるようです。



NEC 8番街に書いてありました。

http://www.ace.comp.nec.co.jp/leap_year/index.htm



書いてある内容を見る限り、一般的にはあまり影響はなさそうですが、600シリーズでNT 4.0を使っているところもあるはずなので、一応書いておきます。



WindowsNT 4.0でもサービスパック5以上なら問題ないようです。

全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 旧家イトウ家の小技裏技(その15)
江須扇 2003-12-31 9:07:00  [返信] [編集]

-------------------------------------------------------------------------------------------

その15)WindowsAPでのソース編集

-------------------------------------------------------------------------------------------

最新版のFilvert(Ver5.0)ではA−VXのソースエディターが提供されたようです。

その機能を真似てJCLを作ってみました。

SYS@JSLに下記のをJCL名PCEDITと登録し修正したいソースをTEST01とした時



RUN PCEDIT,(TEST01);



で可能です。

但し、Windows側のエディターの自動起動はPC/WS−EMLがU75830−P703以降になります。

自動起動はエミュレータを立ち上げ直後は巧く行きますが、何度もやるとゴミが入りファイルが呼べません。

ターラヤンさんのCOBOLで作ったものを使うほうが確実です。



手動起動ならば、A−VX鍵聞澆任△譴丕錬砲隼廚い泙后

A−VX?は#PCCNVは共有ファイルは指定できないので無理と思います。

代替機能として#FTCNVを使えば可能かもしれません(たぶん)



なお、元ソースを置換しますのでテストはくれぐれもご注意ください。

SULのバックアップを採る事をお奨めします。

また、更新番号(REV)は付きませんのでその点もご理解ください。



以下、サンプルJCL

-------------------------------------------------------------------------------------------

/RUN #LBM;
PRD=PRN999_
MDE=MSD_
MCI=_
MFI=WORKSUL_ ←ソースの入っているライブラリ名
ACT=SELECT_ ←抽出を指定
ODE=MSD_
OCI=_
OFI=CIF_ ←80バイトのカードイメージファイル
NAM=&0_ ←JCLの仮パラメータ(メンバー名入力用)
ODE=999_
ACT=999_
DIR=NO_
MDE=END_
/> ;
/RUN #NFCNV;
MN1=C_ ←変換指定
MN2=AD_ ←A−VX形式からDOS形式を指定        
PA1=MSD_
PA2=_
PA3=CIF_ ←80バイトのカードイメージファイルを指定
PA4=1_
PA5=C80_ ←英数字項目80桁を指定
PB1=G:\LINKA-VX\COBOLSOURCE.CBL_ ←共有フォルダーを指定
PB2=TXTJ_ ←テキスト(JIS)を指定
PB3=EXCLUSIVE_ ←排他モードを指定
PB7=C_
PB8=CREATE_ ←生成モードを指定
MN1=Q_
/> ;
// S0101407;
// S0101006;
// Q00NOTEPAD \\EXP600\LINKA-VX\COBOLSOURCE.CBL ; ←共有フォルダを指定
// ;
// ;
// ;
//        EDITが終了したら再開(CTRL+PF5)してください。 ;
/PAUSE ;
/RUN #NFCNV,DEV=MSD;
MN1=C_ ←変換指定
MN2=DA_ ←DOS形式からA−VX形式を指定
PA1=MSD_
PA2=_
PA3=CIF_ ←80バイトのカードイメージファイルを指定
PA4=1_
PA5=C80_ ←英数字項目80桁を指定
PB1=G:\LINKA-VX\COBOLSOURCE.CBL_ ←共有フォルダーを指定
PB2=TXTJ_ ←テキスト(JIS)を指定
PB3=PROTECT_ ←保護モードを指定
PB7=C_
PB9=COPY_ ←複写モードを指定
MN1=Q_
/> ;
/RUN #LBM;
PRD=PRN999_
MDE=MSD_
MCI=_
MFI=WORKSUL_ ←ソースの入っているライブラリ名
ACT=REPLACE_ ←置換を指定
IDE=MSD_
ICI=_
IFI=CIF_ ←80バイトのカードイメージファイル
TYP=COBOL_ ←COBOLを指定
LIN=YES_
NAM=&0_ ←JCLの仮パラメータ(メンバー名入力用)
NAM=_
IDE=999_
ACT=999_
DIR=NO_
MDE=END_
/> ;

-------------------------------------------------------------------------------------------

今年最後の小技裏技をお届けしました。

本年は誠にありがとうございました。

来年も引き続き、小技裏技を投稿しますので宜しくお付き合いをお願い申し上げます。

2 Windows AP起動でうまくいかないことがある件について
ターラヤン 2004-1-1 1:56:43  [返信] [編集]

江須扇さん、その他の皆さん、あけましておめでとうございます。


> 但し、Windows側のエディターの自動起動はPC/WS−EMLがU75830−P703以降になります。
> 自動起動はエミュレータを立ち上げ直後は巧く行きますが、何度もやるとゴミが入りファイルが呼べません。


今試せないので分かりませんが、

> // Q00NOTEPAD \\EXP600\LINKA-VX\COBOLSOURCE.CBL ;

の後から1バイト空白をJSで渡せる文字列ぎりぎりまで、ひたすら入力していってもダメなのでしょうか。

私も昔COBOLでWindows AP実行プログラムを作ったとき、うまく実行できないことがありました。
「文字列が250文字に足りない場合は、250文字まで1バイト空白で埋める」という1文に気が付かなかったためでした。
文字列の後にゴミがあると、正しく動かないことがあるようなので、文字列の後を1バイト空白で埋めると良いようです。


3 Re: Windows AP起動でうまくいかないことがある件について
江須扇 2004-1-1 2:37:58  [返信] [編集]

> 江須扇さん、その他の皆さん、あけましておめでとうございます。



ターラヤンさん、その他のみなさま、あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。m(_ _)m



> > 但し、Windows側のエディターの自動起動はPC/WS−EMLがU75830−P703以降になります。

> > 自動起動はエミュレータを立ち上げ直後は巧く行きますが、何度もやるとゴミが入りファイルが呼べません。

>

> 今試せないので分かりませんが、

> > // Q00NOTEPAD \\EXP600\LINKA-VX\COBOLSOURCE.CBL ;

> の後から1バイト空白をJSで渡せる文字列ぎりぎりまで、ひたすら入力していってもダメなのでしょうか。



補足説明を忘れていますが(その14)同様4バイト目はEsc(2716進)は必要です。

JCLのDISPLAY命令の制限で80桁までしか表示できません。

256桁にする為に;(セミコロン)を4行目に入れるとJCLエラーです。

2行目に80桁のところではJCLエラーにはなりませんが、一度JCLを使うと前述の通りゴミがJCLのバッファーに残り巧くいかない場合があります。



> 私も昔COBOLでWindows AP実行プログラムを作ったとき、うまく実行できないことがありました。

> 「文字列が250文字に足りない場合は、250文字まで1バイト空白で埋める」という1文に気が付かなかったためでした。

> 文字列の後にゴミがあると、正しく動かないことがあるようなので、文字列の後を1バイト空白で埋めると良いようです。



COBOLでプログラムを作るしかないかもしれませんね。

どうせ作るなら#LBMや#NFCNVの呼び出しを含め全てをCOBOLで作りたいと思うのですが思うだけで作るところまで行きません。



4 Re: Windows AP起動でうまくいかないことがある件について
ターラヤン 2004-1-4 16:23:44  [返信] [編集]

よく考えてみれば、たしかに80桁までしか指定できませんでした。正月気分ですっかり頭がぼけていたようです。

説明書上はJCLで使えるとは一言も書いていないようなので、もしかしたらサポート外の使用方法で、うまく使えなくても文句は言えないのかもしれませんが・・・。

入力バッファぐらいクリアして欲しい、という気もします。



> > 今試せないので分かりませんが、

> > > // Q00NOTEPAD \\EXP600\LINKA-VX\COBOLSOURCE.CBL ;

> > の後から1バイト空白をJSで渡せる文字列ぎりぎりまで、ひたすら入力していってもダメなのでしょうか。

>

> 補足説明を忘れていますが(その14)同様4バイト目はEsc(2716進)は必要です。

> JCLのDISPLAY命令の制限で80桁までしか表示できません。

> 256桁にする為に;(セミコロン)を4行目に入れるとJCLエラーです。

> 2行目に80桁のところではJCLエラーにはなりませんが、一度JCLを使うと前述の通りゴミがJCLのバッファーに残り巧くいかない場合があります。

>

全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 旧家イトウ家の小技裏技(その14)
江須扇 2003-12-13 6:06:03  [返信] [編集]

-------------------------------------------------------------------------------------------

その14)JCLで直接WindowsAPの起動

-------------------------------------------------------------------------------------------

この方法にはやはりEsc(16進27)が必要です。

その方法はその12を参照ください。

[例]

// Q00README.TXT ;

/> ;



やはり、//  Qの間にはスペースとEscが入っています。

これで拡張子に関連付けられているプログラムで開くことができます。

上記は実際に呼び出しはできています。

その13であればREADME.TXTをZ:\QUP\TEST.TXTば良いと思います。

但し、Q01のWebSite呼び出しはゴミが入って巧く呼べません。

私もターラヤンさんと同じようにCOBOLで呼び出しプログラムを作って、メニューから社内LANのシステム改善履歴ページを呼べる様にしております。

あとは、RDB/EUF兇離泪縫絅▲襪鬟機璽弌爾縫ぅ鵐好函璽襪靴童討戮詬佑砲靴討ります。(これは直接JCL起動です)



-------------------------------------------------------------------------------------------

なお補足ですかその11、12は全バージョン可能と思います。

当然ながら、その13、14はPC/WSエミュレータ(32)[U75830-P703]以降が必要です。



全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 旧家イトウ家の小技裏技(その13)
江須扇 2003-12-13 5:45:26  [返信] [編集]

-------------------------------------------------------------------------------------------

その13)ユーザーAPのJCLでのパラメータの取り込み

-------------------------------------------------------------------------------------------

処理が一部だけ違ってるだけや、固定項目がちょっと違うだけで何本も同じようなプログラムを作るのは無駄ですし保守も大変です。

そこでJCLで変数を取り込めば良いのです。

JRCODE(COMPLETION−CODE)やセンススイッチを使う方法があります。

しかしこの方法ではかなり条件が制約されます。

そこでプログラムの最初でACCEPTをしいろいろ取り込めは良いのです。

[例]

/RUN #NFCNV;
MN1=C_MN2=AD_PA1=MSD_PA2=_
PA3=SWPATCH_PA4=1_PA5=C80_PB1=C:\QUP\TEST.TXT_
PB2=TXTJ_PB3=EXCLUSIVE_PB7=C_PB8=ADD_MN1=Q_
/> ;
/RUN UTUNOM;
NOTEPAD Z:\QUP\TEST.TXT_
/> ;

-------------------------------------------------------------------------------------------

[例]はターラヤンさんの[技術メモ→COBOLサンプルプログラム→・COBOLプログラムからWindows APを起動する。→・クライアントAP起動機能について]を利用してます(無断借用ごめんさい)

実際に試していませんが、多分大丈夫と思います。

次回は更に荒業をご披露します。



3 旧家イトウ家の小技裏技(その13)(補足)
江須扇 2003-12-16 9:39:55  [返信] [編集]

こんにちはターラヤンさん

実際に仮想FD試しました。

パソコンはNECのPC98−NXのMATEです。

特に問題はありませんでした。

見事、ダウンロードしたLMでの実行ができました。



以下のJCLのパラメータで実行ができました。



/RUN UTUNOM,FIL=WORKLML,DEV=MSD;

C:\WS-EML\README.TXT_

/> ;



もちろん、以下のパラメータも問題なく実行できました。



/RUN UTUNOM,FIL=WORKLML,DEV=MSD;

NOTEPAD C:\WS-EML\README.TXT_

/> ;



ただ、試用期間が14日なので来年からはためせません。



2 Re:旧家イトウ家の小技裏技(その13)(補足)
ターラヤン 2003-12-16 17:02:24  [返信] [編集]

> こんにちはターラヤンさん

> 実際に仮想FD試しました。

> パソコンはNECのPC98−NXのMATEです。

> 特に問題はありませんでした。

> 見事、ダウンロードしたLMでの実行ができました。

>



確認していただき、ありがとうございました。

本当はフリーで同じようなソフトがないか探していました。
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 
« 1 ... 76 77 78 (79) 80 81 82 83 »

BluesBB ©Sting_Band