Google
オフコン練習帳内を検索
インターネット全体を検索

NECオフコン関連
オフコン一般
情報

トップ  >  A−VX - 拡張システムコマンド

拡張システムコマンド

1 拡張システムコマンドとは

拡張システムコマンド(拡張コマンド)は、システムの稼動状態を表示したり、システムに特別の指示を与えたりするための機能です。
システムコマンドよりも特殊なコマンドや、より管理者向けのコマンドなど頻繁に使用しないコマンドを集めています。

2 実行方法

アテンションコマンドの延長で実行することができます。アテンションコマンドは、[ATTN]キー(パソコンのキーだと[Pause]キー)を押すことで実行します。
アテンションコマンドを実行すると、以下のような画面になります。

拡張システムコマンドは、この画面で[PF10]キーを押します。

OCFありシステムの場合、ここでどのユーザ(オペレータ)で拡張システムコマンドを実行するかを聞いてきます。拡張システムコマンドは、システムに特別の指示を与えることができるため、ユーザによって実行可能なコマンドを制限する必要があるからです。
OCFなしの場合は、何も聞いてきません。

拡張システムコマンドの画面です。この画面に表示される項目は、どの端末で実行したか、誰が(どの権限で)拡張システムコマンドを実行したかによって変わります。


上の画面システムステーション管理者が、拡張システムコマンドを実行した場合に表示される項目です。
下の画面普通の端末一般ユーザが、拡張システムコマンドを実行した場合です。
「他ステーションへの介入」や「シャットダウン」など重要なコマンドは、システムステーション以外や一般のユーザは実行できないようになっています。



実際にコマンドを実行するには、一覧の中から実行したいコマンドを番号で選択します。

3 拡張システムコマンドの一覧

番号コマンド説    明
システム状態表示システムの稼働状態を表示します。
他ステーションへの介入他のワークステーションから別のステーションを強制終了させ、そのワークステーションを操作終了状態にします。
シャットダウン(システムシャットダウン)A−VXII以前はシステムをシャットダウンする働きがあります。A−VXIII以降はシステム運転を停止したり、再起動する働きがあります。
指定ジョブ強制終了任意のステーション上から、指定ジョブを強制終了(業務放棄コマンドと同等の機能)する働きがあります。
ログ各種ログ情報を採取したり、特定のログ情報をログファイルから順編成ファイルに抜き出したり、別のファイルに移したりする働きがあります。
自動電源制御A−VXII以前で使用。A−VXIII以降は自動電源制御ユーティリティを使用しますので、このコマンドは使えません。
ディスクシステムディスク状態表示、アレイディスク状態表示を行う働きがあります。
仮想ワークステーション仮想ワークステーション(VWS)の起動、停止、状態表示を行う働きがあります。
10リモートファイルアクセスリモートファイルアクセス機能の開始、停止、状態表示を行う働きがあります。
11スプールコマンド起動スプールコマンドプログラムを起動する働きがあります。
12スプールライタ起動スプールライタを起動する働きがあります。
13ジョブ間同期、通信ジョブ間同期・通信のチャネルの状態表示や解放などを行う働きがあります。
14通信機能サービスコマンド起動通信機能サービスコマンドプログラムを起動する働きがあります。
15B4670デバイスサーバA−VXII以前で表示されます。A−VXIII以降はありません。デバイスサーバの状態を表示します。

システムの構成により、表示される項目と表示されない項目があります。