Google
オフコン練習帳内を検索
インターネット全体を検索

NECオフコン関連
オフコン一般
情報

トップ  >  COBOLプログラムからWindowsファイルの読み込み/書き出しを行う

ダウンロード

システムポート株式会社の「仮想FDファイル変換」ツールを使ってフロッピーディスクをイメージ化したもの。

COBOLプログラムからWindowsファイルの読み込み/書き出しを行う(filecopy.lzh サイズ:21KByte)



使い方

1.上のファイルをダウンロード、解凍します。
2.解凍後にできるファイル(filecopy.bin)を「仮想FDファイル変換」ツールでフロッピディスクに戻します。
  :  「仮想FDファイル変換」ツールについて


3.フロッピディスクは、以下のような構成になっています。
  もしA−VXでフロッピディスクの内容が見れない場合は、ツールでの復元に失敗しています。
  失敗した原因は、私に聞かないでください。私もわかりません。

    USERLML   ・・・ LMファイル
     |
     +--- AKITA  ・・・ サンプルプログラム(1)の実行形式モジュール
          |
          +--- YAMAGU  ・・・ サンプルプログラム(2)の実行形式モジュール

    USERSUL   ・・・ SUファイル
     |
     +--- AKITA  ・・・ サンプルプログラム(1)のソース
          |
          +--- YAMAGU   ・・・ サンプルプログラム(2)のソース

4.ハードディスクに移すなり、フロッピディスクから直接実行するなり、適当にやってみてください。