Google
オフコン練習帳内を検索
インターネット全体を検索

NECオフコン関連
オフコン一般
情報

トップ  >  COBOLプログラムからWindowsファイルの読み込み/書き出しを行う

サンプルプログラムの簡単な説明

サンプルプログラム(1)

プログラムを見ても、A−VXの順編成ファイル:SWPATCHの内容をA−VXの順編成ファイル:WINFILE01にコピーするだけです。

ファイル連係ユーティリティを使用して、A−VXの順編成ファイル:WINFILE01とWindowsのテキストファイル:TESTTEST1.TXTを関連付けます。
こうすることによって、WINFILE01にアクセスすると、A−VXがTESTTEST1.TXTにアクセスするように 処理をねじ曲げます。

サンプルプログラム(2)

サンプルプログラム(1)とは逆に、WindowsのテキストファイルをA−VX側に読み込みます。ただし、今度はA−VXのファイルに入れるのではなく、画面に出力しています。



これらのサンプルプログラムはエラー処理などを一切していませんので、ファイルが無かったりするとそのまま何も出力せずに終了したり、逆に延々と処理を続けてタスクストールしたりします。
お好みでエラー処理も追加してください。

サンプルプログラム(2)は、Windowsのテキストファイルの1行の文字数が何文字あっても、画面には80文字分までしか出力しません。

また、たくさんの行があっても、停止することなく、どんどん上にスクロールしていって消えてしまいます。これも、お好みで20行ぐらい表示したら一時停止するなどの処理を追加してください。