Google
オフコン練習帳内を検索
インターネット全体を検索

NECオフコン関連
オフコン一般
情報

トップ  >  #ABC

順編成ファイルの定義(作成)

A−VXで順編成ファイルの定義(作成)を行うにはいくつかの手段がありますが、ここでは簡易操作ユーティリティ#ABCを使った方法を説明します。

フロッピーディスク上に「DATA01」という名前の順編成ファイルを作ってみます。

ファイル名DATA01
ファイル形式順編成
レコード長256バイト
ブロック化係数1レコード/ブロック
領域サイズ50セクタ


RUNコマンド入力行で、「#ABC;」と入力して「ENTERキー」を押します。


簡易操作ユーティリティ#ABCが起動されました。


実行したい機能を選びます。「1.ファイル情報の保守」を選択します。


次はこのような画面になります。


ファイルを作成するので、「1.ファイルの保守」を選択します。


次はこのような画面になります。


「1.ファイルの定義」を選択します。


そうすると、次にどの形式のファイルを作るかを聞いてきます。


順編成ファイルを作るので、「1」を選択します。


ファイルの定義画面になります。


どの装置にファイルを作るかを入力します。
ハードディスクにファイルを作る場合は、「MSD」+数字3桁、フロッピーディスクの場合は「FDU」+数字3桁です。
今回はフロッピーディスク上に作成するので、「FDU000」にします。


ファイル名を入力します。
この例では「DATA01」と入力しました。

ちなみに「SYS@」で始まる名前のファイル(システムファイル)はここでは入力できません。システムファイルは簡単に作ったり削除したりできません。


レコード長を入力します。
今回の例では「256」と入力します。


領域サイズを入力します。これはセクタ単位です。


今回の例では「50」と入力します。


ファイル用オプションは特に入れる必要は無いのですが、ブロック化係数のパラメータなどもあるので、念のために見てみましょう。
ファイル用オプションで「YES」と入力します。


ブロック化係数「1」、満了日「000000」、書き込み検査「NO」と入力します。


領域用オプション、フロッピィ用オプションは、今回は特に入れる必要が無いので、「NO」を入力します。
一番下側にそのオプションで、何のパラメータを入力できるかの一覧が表示されます。この一覧を見て、必要そうなパラメータがあれば、オプションを「YES」にして、そのパラメータを入力しましょう。
ちなみにフロッピィ用オプションは、画面下側の一覧を見れば分かるとおり、「順序番号」と「最終ボリューム」の2つです。このオプションは、データが大きくてフロッピーディスク1枚に書ききれないときに、フロッピーディスク複数枚に渡って巨大なファイルを作るときに使用するオプションです。


以上のパラメータを入力すると、フロッピーディスク上に順編成ファイルを作成します。ハードディスク上に作成する場合は、装置名にハードディスクの装置名を入力するところが違うだけでだいたい同じです。

順編成ファイルの作成が終了すると、この画面に戻ります。


簡易操作ユーティリティを終了したいときは、「99」と入力して「ENTERキー」を押します。