Google
オフコン練習帳内を検索
インターネット全体を検索

NECオフコン関連
オフコン一般
情報

トップ  >  #ABC

キーファイルの生成

複数索引順編成ファイルは、データファイルとキーファイルの2種類のファイルに分かれています。この「キーファイルの生成」は、データファイルとキーファイルとの間の情報が不一致になったときに、それを一致状態にするための機能です。

データファイルとキーファイルとの間の情報が不一致になるのは、何かエラーが起きて・・・、ということも無いことはありませんが、順編成ファイルから複数索引順編成ファイルにコピーした(順編成ファイルにはキーというものが無いので、キーファイルはコピーしようがない)、そもそもキーファイルの設定が更新しない設定になっているので、データファイルが更新されてもキーファイルが更新されていない(性能チューニングであるとかそういう話で、わざと更新しないようになっていることはよくある)などシステムの設計や運用によっては、あるタイミングでは不一致な状態になっているということは多いです。(普通はバッチ中であるタイミングで一致させるような処理が自動で動くとか、運用であるタイミングで一致させるようなコマンドを入力するというようなことになっていて、「一致していないと駄目」という処理の前までに不一致を解消させることが多い。少なくともずっと不一致のままというのは良くない。)

下の表のような複数索引順編成ファイルにちょっと操作をして、データファイルとキーファイルの情報を不一致にしました。
ファイル名ZAIKO
ファイル形式複数索引順編成
レコード長40バイト
ブロック化係数12レコード/ブロック
領域サイズ200セクタ
キーファイル名ZAIKOKEY1
キー先頭位置1バイト目
キー長6バイト
キー使用効率50%
キーファイルサイズ100


試しに、このファイルを使うプログラムを実行してみると「更新番号不一致」というエラーになりました。



上のような複数索引順編成の不一致を解消しましょう。


それでは、ファイル名を変更してみます。
RUNコマンド入力行で、「#ABC;」と入力して「ENTERキー」を押します。


簡易操作ユーティリティ#ABCが起動されました。


「12.ファイルに関するその他の機能」を選びます。


「1.キーファイルの生成」を選びます。


ファイルには、キーファイルを生成したい(一致するように作り直したい)複数索引順編成ファイルの名前を入れます。
今回の例では、「ZAIKO」と入れました。


キーファイル用オプション、作業ファイル用オプション、オプション機能の3つは、入力する必要がなければ、「NO」を選択します。
下の画面は全部を「YES」にしたときの例です。システム構成やファイルによって、ここで入力できる詳細情報の種類は増えたり、減ったりします。


ここまで入力するとキーファイルの生成作業が行われます。


自動的に最初の画面に戻ります。


簡易操作ユーティリティを終了したいときは、「99」と入力して「ENTERキー」を押します。