Google
オフコン練習帳内を検索
インターネット全体を検索

NECオフコン関連
オフコン一般
情報

トップ  >  #NEWSRの使用例

#NEWSRの使用例(リジューム)

カセット磁気テープなどのバックアップ媒体の中身をサーバに戻すには、#NEWSRというユーティリティを使います。
以下はバッチではなく、手作業でバックアップ媒体の内容の印刷を行う例です。


最初に装置にバックアップ媒体を入れます。

RUNコマンド入力画面で「#NEWSR;」と入力して「ENTERキー」を押します。


下の画面になります。プリンタに結果を出力するかどうか、出力するとしたら何を出すかを選択します。
例えば結果を全部プリンタ出力するときは、「0.ALL」を選択します。


次はどのプリンタに出力するかを指定します。
例えば結果を出力するプリンタに「0.PRN999」を指定します。


次は動作を指定します。
バックアップ媒体の内容をサーバに戻す場合は、「2.RESUME」を指定します。


DSP,DEMなどのパラメータを入力します。
たいていは規定値で問題ないですが、必要に応じて適切な値を入力します。


どのバックアップ装置を使用するかを指定します。
下の例では、「CTU000」と入力しています。


出力するディスク装置の装置名を入力します。
例えばMSD003と入力します。
次のOVLのパラメータは入力しても省略しても良いです。


OVLの入力を省略すると、ボリューム名の確認画面が出ます。問題なければ「Y」と入力します。
OVLの入力を正しく行っていると確認画面は出ません。


OCF機能ありのシステムでカンパニを使用している場合、CIDパラメータの入力が必要な場合があります。
カンパニ機能を使用していなければ、入力は必要ありません。


サーバに戻すファイル名を入力します。
ちなみにそのディスク装置にある全部のファイルを戻したいときは「!」を入力します。


戻すファイルを全部入力したら、「999」を入力します。


バックアップ装置が動き出して、指定のファイルを指定の装置に戻します。