Google
オフコン練習帳内を検索
インターネット全体を検索

NECオフコン関連
オフコン一般
情報

トップ  >  #SFGEN

画面フォーマット生成(#SFGEN)

画面フォーマット生成(#SFGEN)とは

COBOLやSMARTの画面を作ることができます。A−VXの(原始的な)プログラム開発ツールの1つです。
画面フォーマット生成ユーティリティで画面表示の部分だけを作り、COBOLやSMARTで作った本文のプログラムと「ガチャン!」とくっつけます。

このユーティリティを使う時は、おおむね次のような手順となります。

画面フォーマット生成ユーティリティを使う前に、「画面フォーマット定義パラメータ」という簡易的な言語のようなものでプログラムを組みます。できたプログラムが「画面フォーマット」となります。
次に画面フォーマット生成ユーティリティを使って、「画面フォーマット」をCU化(COBOLとリンクする場合)あるいはPM化(SMARTとリンクする場合)します。
最後にリンカでCOBOLプログラムと画面フォーマットをリンク、あるいはSMARTの画面フォーマット名入力指定のところで画面フォーマット名を入力します。

なおSMART2EXの支援ツールの1つ「画面設計」でも画面フォーマットを作成することができます。
こちらは直接ディスプレイ上に罫線や文字を描きながら作っていくので、もう少し簡単です。

COBOLのプログラムにリンクするCUを作る場合

下のような画面を表示するプログラムを作ってみます。


画面フォーマット生成(#SFGEN)で作るのは、この画面のようにワクであるとか固定の文字列とかを表示する部分になります。これに商品コードの値だとか商品名などといった実際のデータをワクに合わせて表示するようなプログラムをCOBOL言語で作って、リンク(ビルド)するときに合体させる形となります。

サンプルプログラムを作る

#SFGENで画面イメージを確認する

#SFGENでCUを作る

COBOLで作ったCUとリンクする

SMARTにリンクするPMを作る場合

SMART(SMART供殖咤唯腺劭圻僑釘悄砲離廛蹈哀薀爐鵬萍魅侫ーマット生成(#SFGEN)で作ったPMとリンクすることができます。

ただSMARTの場合は、SMART付属の「画面設計」のツールを使って画面を設計することが多いようです。

---- コンテンツ作成中 ----
(ほとんど「COBOLのプログラムにリンクするCUを作る場合」と同じでパラメータ指定がCUかPMかの違いであることと、ふつうは「画面設計」ツールを使用するので、書いても仕方がないので書かないかも。)