Google
オフコン練習帳内を検索
インターネット全体を検索

NECオフコン関連
オフコン一般
情報

トップ  >  A−VX - A−VXとは?

A−VXはどんな感じのOS?

1 オフコンの画面

まず、NECのオフコン用のOS、A−VXがどのようなものなのか簡単に説明してみます。それぞれの項目は後でもう少し詳しく説明しています。

Windowsを始めとして最近主流のOSは、GUIといって画面の中にカラフルな図形が表示されて、マウスでクリックして操作するようなものになっています。それに比べるとA−VXは文字が主で、せいぜい文字に色(8色!)が付けられるぐらいです。おまけに1つの画面に文字が最大で縦25文字横80文字の計2000文字分しか表示できません!
2000年頃に一応マウスも使える
ようにはなりましたが、たいていはアプリケーションがマウス対応していないので、マウスも使えないといって良いでしょう。

下の写真はA−VXの一番素の画面です。ここからRUNコマンドというものを入力してアプリケーションを実行したりします。

基本的には、A−VXはメニューと呼ばれる画面から、実行したい業務をキーボードからのキー入力で選択して、目的の業務のアプリケーションソフトウェアを実行することになります。
そのアプリケーションも基本的には、キーボードからのキー入力で操作していくことになります。

下の画面はA−VX付属のメニュー作成用のユーティリティで作れる一番原始的なメニュー画面です。説明用に今2,3分で作りました。


説明したようにA−VXの素の画面はCUIですが、一応GUIっぽい画面(新HI画面と呼ばれます)も用意されています。
UNIXとかのシェルコマンドを入力する画面がA−VXのRUNコマンド画面に対応すると考えると、これはX Windowみたいな感じです(Xと比較するにはあまりにも貧弱ですが・・・)。


A−VXの前身のOSの名前はITOS(Interactive Tutorial Operation System)という名前でした。A−VXもその名の通り、オフコン側が選択肢の一覧を示して「どれにしますか?」と聞いてきて、人間がそのどれかを選ぶとまたオフコン側が次の質問をしてくる・・というようにオフコンと対話しながら作業を進めるというような作りになっています。
最初に説明したRUNコマンドだけの殺風景な画面はあくまでも保守用の画面で、普段はサーバに接続するとその業務用のメニューがまず表示されるというのがNECが推奨しているシステムの形だし、新HI画面は全体がメニューそのものの形です。
つまり全部をメニューという形で表示して操作するというのがA−VXの特徴です。

2 オフコン用のアプリケーション

A−VX用に作ったアプリケーションは、Windows上では動きません。もしA−VX用に作ったものをWindows上で動かしたいならば、作り直すことが必要になります。ここらへんはLinux用に作ったアプリケーションをWindows上で動かしたいならば、Windows用に作り直さないといけないということと同じです。
Windows用に作ったアプリケーションは、当然ながらA−VX上では動きません。

その代わりA−VXは20年前、30年前に作ったアプリケーションも動かすことができます。A−VXの前のITOSの時代のアプリケーションも作り直したり、リビルドしたりしなくても、そのまま動かすことができます。ここはWindowsなどの最近のOSと違う点です。

オフコンが発売された当時は、市販のパッケージソフトがほとんどなかったこともあって、各社がそれぞれ自分の会社用のプログラムを作成することが多かったようです。

その後、NECのオフコン上で動くソフトウェアがいろいろな会社からたくさん発売されましたが、残念ながら最近はまた少なくなってしまいました。

結局、現在は又自分達で自分の会社用のプログラムを作るのが主流になっているようです。
Windowsなどでは、JavaやC言語を使って自分でプログラムを作ったりできますが、NECのオフコンの場合は、主なプログラム言語はCOBOLとSMARTになります。
COBOLは有名な言語なので、特に説明も要しないでしょう。SMARTというのはNEC独自の簡易言語みたいなものです。

3 マルチタスク・マルチジョブ

A−VXもWindowsと同じように同時に複数のアプリケーションを実行できます(マルチタスク・マルチジョブ)。最近のOSならあたり前の話ですね。

Windowsだと、複数のアプリケーションの複数の画面(Window)を並べたり、重ねたりできますが、A−VXは残念ながら横に並べたりすることができません。Windowsでいうと全部のプログラムが全画面表示されているような感じです。


1つのアプリケーションの画面の後ろに残りのアプリケーションの画面が隠れていて、「画面接続」コマンドを使うと後ろの画面が前に出てくるような仕組みです。


まあこれは古い時代に設計されたOSの限界ってところですかね。

3 A−VXとWindows

昔のNECのオフコンはA−VXというOSしか載っていませんでした。今のNECのオフコンはA−VXとWindowsの両方が載っている形になります。正確にはA−VXはWindows上の仮想OSとして動いています。

昔はA−VX上で何でも動かそうという思想だったようですが、今はWindowsが得意なことはWindowsに任せて、A−VXはA−VXが得意なことをやろう、という考えのようです。
NECが最近リリースするオフコンの新機能を見ると、情報系の処理や何かをグラフィカルに表示するとか、そういうのはWindows側に任せて、A−VXは基幹系の処理に専念しよう、ということのように見えます。

せっかく2つのOSが載っているのだから、それぞれ得意な処理に特化しようというのはいい考えだと思います。

4 サーバ用のA−VX

かなり昔の話になりますがオフコン全盛期には、NECのオフコンはサーバとクライアントがありました。A−VXもサーバ向けとクライアント向けがありました。今のWindowsと同じですね。

今はクライアントはパソコンがあるので要らないよね、ということなのか、サーバ向けのA−VXしかありません。

A−VXの使い方はUNIXとかとよく似ていて、PC/WSエミュレータと呼ばれるA−VX専用のターミナルソフトを使ってサーバに接続して、アプリケーションを実行したり、ファイルをメンテしたりする、ということになります。

5 A−VX RDB

A−VXには専用のRDBMSが載っています。A−VX RDBと呼ばれています。
感覚的にはWindowsを買ったらSQL Serverも付いていたというような感じでしょうか。

最低限の機能しか持たないRDBですが、NECのオフコンとして特化された面白い機能がたくさんあります。

正確には既に1990年頃にはマウスは使えたが、オフコン専用の特殊なコネクタのマウスで、対応ソフトも全く無かったため、ほとんど普及していない。2000年頃にパソコン用のマウスが使えるようになった・・・。
パソコンとオフコンが機能を競っていた時代にはWindows並みにグラフィカルに表示する機能(1986年頃で1120×780ドット、同じ頃のパソコンは600×400ドット前後)もありましたが、最近のPC/WSエミュレータではその機能削除されてしまってます・・・
Windowsのボタンやリストボックスを使ってプログラムを作るものもありましたが、誰も知らないしほとんど普及していないみたいなので。
上下左右の矢印が書いてあるキーや番号など。
ごく初期にはほとんど市販のパッケージソフトはありませんでしたが、急速に整備され1980年代頃にはNECのオフコン用のたくさんのパッケージソフトがありました。でも1990年代にほどんど発売中止になり、今はほとんど売っていないようです。今も1980年代や1990年代に購入したパッケージソフトをカスタマイズして使用しているところもたくさんあるみたいです。
ソフトハウスに頼んだり、自社で作ったり。
あくまでも理想的な形で、実際そうなっていないところも多いみたいですが。
あるいは有っても機能的に物足りなかった
Windowsにも、パソコン(クライアント)用のWindowsXPやWindows7とサーバ用のWindows Serverがありますよね。
かつてはC言語やFORTRANやBASICや、その他いくつかのプログラミング言語が発売されて使えたようですが、今も使えるのかは不明。要するにNECのオフコンでは、みんながCOBOLを使うので、他の言語は廃れてしまった。