Google
オフコン練習帳内を検索
インターネット全体を検索

NECオフコン関連
オフコン一般
情報

トップ  >  A−VX - バックアップ媒体いろいろ

バックアップ媒体いろいろ

ごく最近までNECのオフコンには、(一部を除いて)標準でバックアップ装置が付いていました。今はオプション扱いになっています。良く言えば「自分達で好きなものを選べるよね」ということになりますが、実のところ、おそらくこれが決定版というものが無いため、NEC側で決められないということだと思います。

またExpress5800/600シリーズがWindows Server2008を載せたあたりで、使える装置がごっそり減りました。それまでカセット磁気テープとかも使えるような感じだったのですが、それらが全部サポート外になってしまいました。使える装置の選択の幅が狭まり、昔バックアップした媒体が使えないという事態にもなっています。

2000年代後半はAITがメインのバックアップ媒体だったこともあります。最近は、別のサーバやNASのハードディスクをバックアップ先にすることを勧めているような感じがします。それ以外に従来のように持ち運べるタイプのバックアップ媒体ならLTOでしょうか?
いずれにしても、標準のバックアップ媒体がコロコロ変わるので困りものです。

という訳で、2000年中頃に書いた下の説明はもう古くなってしまいました。だから今は参考にならないかもしれませんが、基本的な考え方は変わりませんので、そのまま残しておきます。
今のNECのオフコンはハードディスク装置にバックアップするのが主流になっています。

NECのオフコンのバックアップ媒体

Express5800/600シリーズの標準のバックアップ媒体はAITでした。
ちょっと前の標準のバックアップ媒体は、DATでした。
Express5800/700シリーズは、3.5インチカートリッジ磁気テープ(3.5''CGMT/MiniQIC)でした。
システム3100からシステム7200の辺りは、カセット磁気テープ(CMT)でした。
NECのオフコンで一般的に使用されているバックアップ媒体は、これらの4種類だと思われます。

しかし、NECのオフコンには、これ以外にもいろいろなバックアップ媒体を使用することができます。以下に、最新のExpress5800/600シリーズで使用できるバックアップ媒体のいくつか挙げます。媒体によって、A-VX側のデータのみバックアップできるもの、Windows側のデータのみバックアップできるもの、両方とも可能なものの3種類があります。

テープ媒体いろいろ

テープ媒体いろいろ2

MOいろいろ

以下の表で、バックアップ容量やどちらのデータがバックアップできるか書いてありますが、あくまでも目安ということでお願いします。バックアップ容量は、使用するユーティリティやバックアップ方法によって変わります。例えばDATを使う装置でも、いろいろな種類があって、バックアップできる容量が違います。集合型と呼ばれる、複数の媒体を使用することによってもっと大容量のデータをバックアップできるものもあります。

どちら側のデータがバックアップできるか、というのも複雑で、実際は以下のように簡単にいきません。以下の表にに両方可能と書いてあっても、装置の型番によっては片方の種類しかバックアップできないというのもあります。

媒体の種類最大バックアップ容量バックアップ可能データ備考
テープ系
カセット磁気テープ(CMT)150MB/50MBA-VX側データのみS7200時代の標準的なバックアップ媒体
カートリッジ磁気テープ(CGMT)120MB/30MB/20MBA-VX側データのみExpress5800/600シリーズでは、たぶん使えないかも?
3.5インチカートリッジ磁気テープ
(MiniQIC/3.5''CGMT)
840MB両方Express5800/700シリーズの標準的なバックアップ媒体
Express5800/600シリーズでは、使用に制限有り。
DAT12GB〜(種類による)両方Express5800/600シリーズの標準的なバックアップ媒体
磁気テープ(MT)いろいろA-VX側データのみテープ系の媒体と言うことで書いたが、バックアップにはあまり使用しないかも。たぶん最新のExpress5800/600シリーズでは使えないでしょう・・・。
ストリーマ型磁気テープ(SMT)いろいろA-VX側データのみ。これもたぶん最新のExpress5800/600シリーズでは使えないでしょうが・・・。
TRAVAN10GB〜両方
AIT25GB〜(種類による)両方だが制限有
DLT20GB〜/35GB〜etc.(種類による)Windows側データのみ
LTO100GB〜Windows側データのみ
光ディスク系
5インチ光ディスク600MB/1.3GBA-VX側データのみ。よくわかりませんが、たぶんExpress5800/600シリーズでは使えないのでは??
3.5インチMO128/230/640MBWindows側データのみ。うーん、最新のExpress5800/600シリーズでは、使えるのだろうか・・・。
私が独自に調査した結果なので、間違い等あるかもしれません。実際に付ける場合は、必ず本当に使用できるかどうか確認してください。最近登場したバックアップ媒体は過去のサーバには付けられないし、接続可否やバックアップできる種類は将来は変更になる可能性もあります。接続可能な場合でも、サーバ本体に接続できるもの、拡張ラックなどを経由して接続できるものなどがあります。組み合わせによって、接続できない場合もあります。

もちろん、(建前上の話では、)どこのメーカーのバックアップ装置でも接続できるというわけではありません。NECが”接続できます”とアナウンスしているバックアップ装置でなければなりません。(少なくとも、A−VX側のデータをバックアップしようとしたら、選択肢としては、NECが”接続できます”というものを使用するしかないと思います。)