T

T&D








U

UPCS

ユニファイド・コンポーネント・プラグイン・システム。WindowsNT/2000やInternetなどの最新技術をA-VX上のアプリケーションから有効に活用するためのシステム。従来から使用しているA-VXアプリケーションにコンポーネントを組み込むことによって簡単に機能拡張できるようになる。このコンセプトを利用しているものとしてMail連携/Web連携などがあげられる。A-VXIV辺りからの概念。


UPS

User Presentation Surface
利用者定義面


UPS

無停電電源装置のこと。NECのオフコンで使用できる種類としてI-UPS


UPSC

UPSController


UPSController(UPSC)

UPS、電源状況の監視や、電源制御を行うためのソフトウェア。600シリーズ用。






V

VDS

Vertual Device Surface
仮想デバイス表示面


VIALAN

オフコンのデータとOAソフトのLANシリーズのデータを統合する為のソフト。


VIA形式

VIAファイル


VIA形式ファイル

VIAファイル


VIAファイル




VTOC

Volume Table of Contents。ボリュームの使用状況を管理するもの。


VWS

仮想リモートワークステーション






W

Web連携

WebブラウザとA-VXアプリケーション間でデータの授受を行う機能。例えばWeb画面で入力したデータをA-VXアプリケーションで受け取り処理を実行、A-VX RDBに格納することができる。


WSエミュレータ

Pureワークステーション以外のコンピュータ上でワークステーション(サーバのクライアント側)の機能をエミュレーションするため、WS(ワークステーション)エミュレータと呼ばれる。昔これをA-VXのエミュレータだと思っていた人がいたが、それは間違いです。PCのWindows上で動作するものや、OAOS上で動作するものなどいろいろな種類がある。
参考:PC/WSエミュレータPC/WSエミュレータ(32)PC/WSエミュレータ(WINDOWS用)WSエミュレータ(TS版)WSエミュレータ for WEB(ActiveX版)


WSエミュレータ(TS版)

Windows2000TerminalServicesやMetaFrameを使って、TSクライアントやICAクライアント上でA-VXのWSの機能を実現する。


WSエミュレータ for WEB(ActiveX版)

IEなどのWebを使って、WSエミュレータを実現する。


WSモード

S3100/10やS7100、OP-98などのようなクライアント(ワークステーション)を、サーバのワークステーションとして使用するモード。ワークステーション側でコマンドを実行すると、サーバ側でジョブが動く。S7100やOP-98が現役ならば今も使用できるが、もう使っている人はあまりいないでしょう。
参考:LANモードスタンドアロンモード